トラクターの新車

トラクターの買い替えをするとき、新規のトラクターにするメリットはたくさんあります。たとえば、新規のトラクターですと自動機能がついていて使うのが楽であったり、故障してもすぐに修理をすることができるので、農作業に支障をきたすことがないからです。

新しいトラクターを買う予算がないという人は、古いトラクターを買い取ってもらうという方法もあります。トラクターは、処分をするとなると処分にお金がかかります。ですが、日本製のトラクターはたとえ年式が古くてもまだ使えますので需要はあります。特に発展途上国を中心に海外の中古農機具市場において日本の農機具は高く評価されています。

このような中古トラクターの買取は、買取専門業者にお願いすることが推奨されます。年式の古いものであっても、値段が付く場合が多いからです。一括買取サービスなどを利用すると、より高い値段で買い取ってもらえます。その分、新しいトラクターを買うための予算にもなります。

外部リンク > 農機具高く売れるドットコム|全国対応の農機具・中古トラクター高価買取サービス
トラクターの買い取りを行っている農機具専門買取業者です。

トラクターの新車においては、いろいろなメーカーのものがあります。ですが、自宅近くの販売店で修理も取り扱っているメーカーにするか、安いメーカーにするかなど予算などを考えてしっかり選びましょう。新しいトラクターであれば自動機能がついています。予算に余裕があるなら、4WDのものがよいでしょう。

トラクターの中古?

トラクターを購入する際に、新規のトラクターを購入するのか、中古のトラクターを購入するのか悩む人もいるでしょう。もしかしたら、新しいトラクターしか頭にない人もいるかもしれません。

しかしながら最近では、農業から離れていく人も少なくないので、中古のトラクター市場でも、比較的使われていないもの、新しいものもあるくらいです。ですので、トラクターを買い替えする際には、新規市場だけでなく、中古の農機具市場も見ておいたほうが良いかもしれません。

もちろん、年式が新しくなるにつれて同じ馬力でも小型化、軽量化されていますので、予算があれば新しいものを買うのも良いでしょう。しかしながら、中古のトラクターでも十分に購入できるものはあります。中古のトラクターで注意しないといけないことは、部品がどの程度供給されているか、修理に対応しているのかということです。

使用期間が少ないに越したことはありませんが、一概に判断できない場合もあります。なぜなら、ほとんどが圃場を離れて道路を移動していたような場合、実際の使用期間ほどは傷んでいない場合もあるからです。しかしながら、修理やメンテナンスを考えると、年式は新しいものが良いでしょう。

トラクターの選び方

トラクターは農機具の中でもかなり大型のものになります。それ故に、コストもかなりかかってきます。ですので、古くなったトラクターを処分して新しいものを買うといった買い替えにはかなりコストがかかります。ですので、買い替える新しい機種を選ぶ際には慎重に決めることが必要です。トラクターを選ぶ基準としてはメーカーや値段、機能や大きさなどが重要になってきます。

まずは、メーカーです。日本には大きなメーカーから小さなメーカーまでトラクターを扱っているところだけで数十社に上るでしょう。有名なメーカーですと機能が充実していたりすることも多いのですが、やはりその分値段が高くなる傾向があります。メーカー選びの際には知名度だけでなく、アフターサービスの有無も大事になってきます。エンジン機能にも最大限の注意を払うことが必要です。

そのほか、費用や大きさについても、いろいろなものがあります。相場がわからないと判断しづらいですので、まずはパンフレットなどを取り寄せたり、試乗をさせてもらうなど、トラクターについての必要な知識を仕入れて詳しくなってからの購入が良いでしょう。いずれにせよ、コストが大変かかることですので、慎重に判断したほうが良いです。

トラクターの買い替え

トラクターは田や畑を耕すのに必要な農機具で、農機具の中でもかなり大型のものになります。そのため、取り扱いも大変ですが、ナンバーを取って公道を走ることができるため、特に広い畑を持っている人などに重宝されます。そのようなトラクターも、購入してから一定の年数がたつと、古くなってきて動きも悪くなりますし、部品が販売されなくなってメンテナンスも大変です。また、農地の面積が大きく変わったりしたときも、買い替えのニーズが発生するでしょう。そのようなときは、農機具メーカーなどでトラクターを買い替えすることになります。新しいトラクターを選ぶときは、価格や性能など、何を重視して選ぶのかを考えましょう。

だいたいのメーカーが決まっている場合は、その農機具メーカーの販売店で購入する方法もありますし、中古の農機具をいくつか扱っている専門業者で購入するなどといった方法もあります。最近では、農業をはやめに廃業する人も多いことから、中古のトラクターと言っても必ずしも古いとは限りません。場合によっては、インターネットでのやり取りや、オークションで購入することもできます。

次に、買い替えに当たって問題となるのが、古くて使わなくなるトラクターをどうするかということです。もちろん、新たにトラクターを購入する購入店で引き取ってもらうという方法もあります。ですが、手数料が必要になる場合もあります。そのため、買取専門会社にお願いするという方法もあります。当サイトでさらに詳しく紹介します。