トラクターの買い替え

トラクターは田や畑を耕すのに必要な農機具で、農機具の中でもかなり大型のものになります。そのため、取り扱いも大変ですが、ナンバーを取って公道を走ることができるため、特に広い畑を持っている人などに重宝されます。そのようなトラクターも、購入してから一定の年数がたつと、古くなってきて動きも悪くなりますし、部品が販売されなくなってメンテナンスも大変です。また、農地の面積が大きく変わったりしたときも、買い替えのニーズが発生するでしょう。そのようなときは、農機具メーカーなどでトラクターを買い替えすることになります。新しいトラクターを選ぶときは、価格や性能など、何を重視して選ぶのかを考えましょう。

だいたいのメーカーが決まっている場合は、その農機具メーカーの販売店で購入する方法もありますし、中古の農機具をいくつか扱っている専門業者で購入するなどといった方法もあります。最近では、農業をはやめに廃業する人も多いことから、中古のトラクターと言っても必ずしも古いとは限りません。場合によっては、インターネットでのやり取りや、オークションで購入することもできます。

次に、買い替えに当たって問題となるのが、古くて使わなくなるトラクターをどうするかということです。もちろん、新たにトラクターを購入する購入店で引き取ってもらうという方法もあります。ですが、手数料が必要になる場合もあります。そのため、買取専門会社にお願いするという方法もあります。当サイトでさらに詳しく紹介します。